活動概要
アフリカオールスターズ

アフリカオールスターズ アフリカ人と一緒に野球しよう!

 アフリカ人を交えた野球チーム「アフリカオールスターズ」の運営をしています。在日アフリカ人の方々に、野球を楽しむ機会を提供するとともに、日本の草野球チームとの交流も行っています。

・普通の草野球と同じです。
・ちょっと違うのは在日アフリカ人が加わること。
・あなたの周りのアフリカ人も誘ってください!
・応援だけでもOKです。
・日本語だけで大丈夫です。

 神宮軟式球場でお待ちしています!

参加ご希望の方はアフリカオールスターズのページ

三角ベースの普及活動 ~野球への第一歩~

三角ベースの普及活動 アフ友が提唱して始まった三角ベース国内普及プロジェクトの拠点・習志野市では、定期的に市民三角ベース大会を開催。他の地域からも三角ベースをやってみたいというリクエストが増え、徐々に発展しつつあります。

 アフリカをはじめ、世界中に広めようとルールを整備し、英語版もつくって普及活動を実施中(英語名はHand Hit Ball)。南アフリカでは2007年12月に「アフリカ野球連盟会議」(ナイジェリア、ガーナ、カメルーン、ザンビア、レソト、ジンバブエ、南アフリカが参加)で三角ベースの3つの魅力を説明しました。

・道具が不要 (経済的!)
・ゴムボールだから怪我しらず(安全性!)
・男女一緒に遊べる(ジェンダー性&平和的!)

 2008年3月には南アフリカのヨハネスブルグで行われた「全南アフリカ少年野球大会」に招待され、会員7名で三角ベース普及のためのデモンストレーションを実施しました。

参加ご希望の方は三角ベース普及活動のページ

さまざまなプロジェクト 鋭意実施中!

さまざまなプロジェクト アフ友が提唱して始まった三角ベース国内普及プロジェクトの拠点・習志野市では、定期的に市民三角ベース大会を開催。他の地域からも三角ベースをやってみたいというリクエストが増え、徐々に発展しつつあります。

 例えば2007年度は「ガーナ五輪挑戦・ナショナルチームを支援プロジェクト」を実施。アフ友が派遣した阪長友仁氏が監督を務めるガーナ代表野球チームが、北京オリンピック予選となるアフリカ野球選手権大会で、銅メダルを獲得!阪長監督はじめ、ガーナ選手のみなさん、おめでとう!感動をありがとう!!

ガーナ五輪チーム支援のページ

講演活動 全国どこへでも行きます。呼んでください!
講演活動
「野球で世界を平和に!」をテーマに、全国の自治体や学校、少年少女野球チーム、大学などに呼ばれて友成代表が熱弁を振るいます。三角ベースを楽しむ時間とセットもOK!
講演活動
子どもたちの感想:「野球を普通にやれることは幸せだと思った」「ガーナの子どもと三角ベースをしてみたい」、主催者:「これを機に三角ベースを地域で発展させていきたい」

講演・メディア掲載履歴のページ

イベントの実施 主催します。出店します。

イベントの実施。 毎年参加している「アフリカンフェスタ」(日比谷公園等、2008年は横浜)に単独ブースで出展。会員が血の滲む(?)努力でザンビア、タンザニア、ガーナ、南アフリカなどから民芸品を直接仕入れ(というか持ち帰り)、販売し、収益を活動費に充当しています。

 会の宣伝、アフリカオールスターズのメンバー勧誘、活動報告プレゼンなど内容は盛りだくさん。
 アフ友のイベントに、皆さんもぜひ、ご参加を!

参加ご希望の方はイベントのページ

なぜアフリカ?なぜ野球 活動概要 代表あいさつ スタッフ紹介


週刊アフ友!


国際三角ベース協会


アフリカと白球

アフ友代表を務める友成の「アフリカと野球」に関する著書。